鼻が赤くて「洋ナシ体型」

私の悩みを聞いてください。

上半身は普通ですが、下半身が大きいタイプで「洋ナシ体型」とでもいうのでしょうか。

腰が張っているというか、ジムでトレーナーからも「上半身だけ見てるとそれほど大きいという雰囲気はないんですがね」といわれるくらいです。

脂肪がついている、というよりは骨格がそういう形なのだろうというのがいろんな人から言われたことで、もうあきらめています。

ただ、ジーンズを履いたり・ちょっとボディラインが出るタイプのワンピースを着たりするとかなり不格好に見えたりすることもあるのです。

太っている、ということなら運動でサイズダウンとかもできるのでしょうが、「骨格」となると骨を削ったりするわけにはいきません。

 

だからなとなく選ぶファッションを考えることで乗り切るしかないのです。

ただ、洋服で上手にごまかすことができればありがたいですが、それでコンプレックスがなくなるわけではありません。

いつも同じようなイメージになってしまって、自由にいろんなお洒落が楽しめないなという不満があったりするのです。

上半身は「普通サイズ」と言われていますし、デコルテラインなんかは褒めてもらったこともあります。

 

それでトップスを少し長めで腰のラインを隠してくれるものを選び、ボトムスはボリュームダウンも兼ねて少しぴったり目のものを選んでいます。

本来ならボトムスをゆったり目にして腰のラインに余裕を持たせるほうがいいのかもしれません。

でも逆にトップスにボリュームを持たせてボトムスをぴったりすることでバランスを取ろう、というわけなのです。

長めのTシャツ、腰はカバーされるけれど上半身のラインはぴったりしているものなんかは夏になるとよく活用するものです。

上半身に視線を集めて下半身をカバーしようというわけです。

 

でもこの方法も気をつけないと、必要以上にセクシー路線を追求しているように見られてしまうことがあったりします。

そういうつもりは全くないので恥ずかしいこともあります。

下半身が大きく見えると、実際の自分のサイズよりも大きくみえてしまうことも多いようです。

 

一つだけいいことは「着物なら下半身を気にすることなく楽しめる」ことです。

なので、和服美人を目指そうと思っています。

あと、強めの鼻炎持ちなのでいつも鼻が赤いです。鼻水をティッシュでふきすぎです。

最近こんなサイト(⇒鼻炎の治し方※僕は味噌汁とお茶という自然療法で治しました。)を見つけたので、マネしてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です