体力がなく痩せている事がコンプレックス

私は子供の頃からすぐに風邪をひいては高熱を出して学校を休んでばかりいました。1/4くらいは学校を休んでいたと思います。高校大学社会人,そして今は主婦をしながら家で少し仕事をしていますが,体力がないというのはいつも悩みです。また人には痩せているとかガリガリだとかも言われることもあります。もっと食べないと体力がつかないと言われます。食べているのですが,太っても体力がつくこともないので,普通にしていると痩せ型の体形になってしまいます。

今も同年代の人は家事に育児,学校の行事,そして外での仕事をして元気そうにしているのを見るととても羨ましく思います。私の場合は主婦になってから外で働いたことはあるのですが,家事や育児との両立が大変でやはり高熱を何度も出してしまい外で働くのは時々,短い期間だけです。普段は家で安い賃金で仕事しています。

体力がないことや痩せていることについて努力したことは沢山あります。まず泳ぐのは好きだったので市民プールなどに行って結構泳いだりしていました。泳ぐ事はとても楽しいのですが体力がついたかというと疑問でした。冬などは風邪ばかりひいてしまうので自然と足が遠のきます。

またヨガなどが身体にいいということで習いに行ったりしました。習いに行くと一回に60分とかしなければならないので,終わるとふらふらとしてしまい健康にいいというよりも家に帰ってからぐったりしてしまいます。今はヨガの習ったことをたまに家でやったりすることはあります。

腹式呼吸も健康にいいということでやってみました。血液の循環を整えて良く眠れて食欲も増すのではないかと期待を込めて今も時々やってますが大きな成果はありません。数年前からラジオ体操を始めました。最初の1年は必ず毎日していましたが,少し飽きてしまい最近サボり気味です。これは体力はつかないかもしれませんが手軽でいい体操だと大人になって思いました。

サッカーの長友選手の「体幹トレーニング」というものも挑戦しました。これも20分もすると汗が出てきて全部すると疲れるのでメニューの半分くらいにしていました。体力がついたとか筋力がついたという感じはありません。身体にいいということはわかりましたが,中々長続きしないでいます。

色々努力していますが,こうやってみると長続きしていないことも原因の一つかもしれません。長続きしない理由には体力がないことも含まれています。生まれつき体力のある身体に生まれたかったと思います。今はネイルサロン(※ネイルサロン高松市)で働いているので、そんなに体力は必要としません。でもやっぱり疲れやすいですね。

独身の時に貯めていた貯金も使い果たし、今では借金を背負ってしまった。

生活でお金に困る時は、一番は子供の学費や習い事などの費用です。うちの子供はまだ5歳と2歳で上の子が私立の幼稚園に通っています。やっぱり学費は後から国から補助金が3分1くらい返ってくるとはいえ、制服代やバス代など諸々お金がかかってきます。幼稚園に入る前に考えていた費用よりその他にかかる費用が結構あったので、自分は生命保険や携帯電話料金を見直したりしました。

30代を過ぎると冠婚葬祭が増えてきて入り用も多くあります。30代前半は結婚する人が多くありますが、自分の生活がいっぱいいっぱいのところに結婚式の招待状が来ると断るわけには行きません。たまにしか会わない奴なら断ることもできますが、親友や親戚になると断りたくても断れません。貯金もありませんので、仕方なくカードでキャッシングします。複数の消費者金融からキャッシングを繰り返していると、キャッシングの返済額が膨らみ、返済することも大変になってきます。

複数からのキャッシングの返済額が膨らんできた時に自分のすることは、銀行でおまとめローンに申し込みます。一本化でき、はっきりした返済額がわかりますし、月々の支払い額も軽減できます。なにより、返済日が1日でいいというのはありがたいです。複数の消費者金融からキャッシングしていると、支払い額も違うし、返済日も違うため、入金し忘れたり、支払い額が間違えたりしていることは多々ありました。なぜ銀行のおまとめローンにするのかというと、複数の消費者金融からのキャッシングの額にも寄りますが、金利が低くなることです。消費者金融は上限金利で借入することが多く、銀行のおまとめローンになると約10%近く低くなります。複数からキャッシングしている時と返済額が変わるわけではないし金利が低くなってる分、お得に感じます。

今はなるべくお金は借りないようにしていますが、今後も子供のことの費用や冠婚葬祭、家庭でかかってくるお金など色々とあるでしょうが、なんとか自己破産しないように頑張っていきます。

キャッシングで大変なことになって最近過払い請求までした友人がいるんですが、ちゃんと生活できているみたいです。明日は我が身なので気をつけないとな~と思います。

友人が教えてくれたサイト⇒過払い請求後にクレジットカード・カードローンを作れるのか?

鼻が赤くて「洋ナシ体型」

私の悩みを聞いてください。

上半身は普通ですが、下半身が大きいタイプで「洋ナシ体型」とでもいうのでしょうか。

腰が張っているというか、ジムでトレーナーからも「上半身だけ見てるとそれほど大きいという雰囲気はないんですがね」といわれるくらいです。

脂肪がついている、というよりは骨格がそういう形なのだろうというのがいろんな人から言われたことで、もうあきらめています。

ただ、ジーンズを履いたり・ちょっとボディラインが出るタイプのワンピースを着たりするとかなり不格好に見えたりすることもあるのです。

太っている、ということなら運動でサイズダウンとかもできるのでしょうが、「骨格」となると骨を削ったりするわけにはいきません。

 

だからなとなく選ぶファッションを考えることで乗り切るしかないのです。

ただ、洋服で上手にごまかすことができればありがたいですが、それでコンプレックスがなくなるわけではありません。

いつも同じようなイメージになってしまって、自由にいろんなお洒落が楽しめないなという不満があったりするのです。

上半身は「普通サイズ」と言われていますし、デコルテラインなんかは褒めてもらったこともあります。

 

それでトップスを少し長めで腰のラインを隠してくれるものを選び、ボトムスはボリュームダウンも兼ねて少しぴったり目のものを選んでいます。

本来ならボトムスをゆったり目にして腰のラインに余裕を持たせるほうがいいのかもしれません。

でも逆にトップスにボリュームを持たせてボトムスをぴったりすることでバランスを取ろう、というわけなのです。

長めのTシャツ、腰はカバーされるけれど上半身のラインはぴったりしているものなんかは夏になるとよく活用するものです。

上半身に視線を集めて下半身をカバーしようというわけです。

 

でもこの方法も気をつけないと、必要以上にセクシー路線を追求しているように見られてしまうことがあったりします。

そういうつもりは全くないので恥ずかしいこともあります。

下半身が大きく見えると、実際の自分のサイズよりも大きくみえてしまうことも多いようです。

 

一つだけいいことは「着物なら下半身を気にすることなく楽しめる」ことです。

なので、和服美人を目指そうと思っています。

あと、強めの鼻炎持ちなのでいつも鼻が赤いです。鼻水をティッシュでふきすぎです。

最近こんなサイト(⇒鼻炎の治し方※僕は味噌汁とお茶という自然療法で治しました。)を見つけたので、マネしてみようかな。

自分で稼ぐって大変

私は母子家庭だったので、大学も奨学金と自分のアルバイトのお金だけで通いました。これは高校生の時からです。それなりにお小遣い分も取ってありましたがアルバイトを複数掛け持ちしていたので、そもそも使う機会がほとんど無かったんですよね。そのため、高校生でかなりの貯金が貯まりました。

大学もきっとこんなペース!バイトの出来る時間も増えるし、金銭的にはもっと余裕が出るはず!と思っていたのですが、正直甘かったです。レポートが大量に出るところでしたので、バイトの時間は少し減りました。そして、支出はかなり増えてしまったんです。

当たり前ですが、高校と比べて学費が高いんですよね。そして、教科書代も結構かかります。専門的な資格を取得しようとすると、参考書だけで5000円が吹っ飛んでしまったこともあります。

私の場合、都市部ではなく完全なる田舎で生活していましたので当時の時給は750円。これ、3年間みっちり働いてアルバイトリーダーをしていたのでこの高さですが、周りは650円くらい。そんな低時給のところで働いていたので、5000円は本当に本当に大金でした。

忙しい毎日を送っていましたし、周りも苦学生が多かったので遊びに使うお金はかかりませんでした。しかし、在学中にたくさん資格を取っておきたかったので受験料だけでも結構かかりました。参考書も古本屋に無いようなマイナーな物が多かったのでオークションとかを駆使して集めましたが無い物は新品を購入したり。

母子家庭といっても母親はバリバリ働いていましたので援助してもらおうと思えば出来たのですが、自分の中で決めたことだったので絶対に貫き通したかったんです。

結局、在宅で出来るデータ入力とかテープ起こしのアルバイトも始めることでなんとか金銭的にはかなり安定しました。家にいる時間はちゃんとありましたからね。無事大学も卒業。

結婚する時に、母から私名義の貯金を渡され、そこに学費として支払うはずだったものも含まれていたのですごく達成感を感じました。